アラフィフ50代のまったりマイライフ

おトメの祈り

倫理法人会

「倫理法人会」入会の経緯①

投稿日:2015年10月18日 更新日:

<スポンサーリンク>





スポンサーリンク


 

 

今まで50代という年齢に合わせて、
白髪や薄毛など髪の毛について書いていこうと思っていましたが、
そちらのテーマを別なサイトに移してしまったので、
このブログで書くことがなくなってしまいました。

ですが、それではせっかくつくったこのブログがもったないので、
四捨五入すると会員歴が10年になる倫理法人会について書こうと思います。

今までは「オトメの祈り」というタイトルですが、
それを「Ring Ringで行こう」にあらため、
今日からはそっちの話で行こうと思います。

*    *    *    *    *    *

倫理法人会に入会したのは今から約10年前です。

以前、ある勉強会で出会いあまり交流がない知人でしたが、
好感があり、なんとなく波長が合うと感じていた、
40代の士業の男性と公共施設でばったり再会しました。

その人が、私が講師を務める、ある勉強会に来てくれるっていうんですね。
その頃は私も駆け出しだったので、それがとてもうれしく、
そのあとしばらく、その勉強会について雑談を交わしました。

そして別れ際に、彼が、ちょっと迷ったように言うんです。

「RingRingさん、倫理法人会のモーニングセミナーに来てみませんか?」

私は一も二もなく、喜んでその場で快諾しました。
それは彼が私の勉強会を申し込んでくれたことへのお返しではありません。
実は以前から、強い関心があったのです。

というのも、私と仕事内容が少し似ているある友人が、
すでに倫理法人会に入会していて、
モーニングセミナーで喋ったり、
様々な社長さん達と一緒に活動している様子がブログに載っていて、
内心「いいなぁ、うらやましいなぁ」と思っていました。

なぜなら、自分はその時期に一人で仕事を始めたばかりだったので、
まだめぼしい仕事もなく、また、そのあても全くなく、
やっぱりどこかの会に入って、多くの人とつながらないと、
収入の見込みさえ立たないと思っていたからです。

ですが名前が「倫理法人会」なので法人じゃないと入れないと思っていました。
でも、友人は「法人」ではなく個人事業主です。
なのにどうして入会できたんだろう?

何かの高いハードルをクリアしないと入れないと思っていたので、
私には今回のこの知人のお誘いを大変幸運に感じ、
内心「待ってました!」という気持ちで、喜んで了解したという次第です。

ところが彼は「本当にいいんですか?朝AM6:00ですよ?早いですよ?」
と、むしろ私の一発OK!に不安を感じたように何度も念を押しました。
確かに朝のAM6:00は早いです。ですがこんなチャンスはありません。

元々すでに入会している友人女性がうらやましくてしかたなかったので、
朝が早いことなんて、まったく気になりませんでした。
それに私は、夫が原因で生活が困窮していた時期に、
早朝の冷蔵庫作業や工場の交代制勤務などの経験で、
AM5:00やAM6:00に出かけていくことには全く抵抗がなく、
「無理しなくていいですよ?大丈夫ですか?」と、
何度も確認する知人を尻目に、ワクワクと心は盛り上がっていました。

*    *    *    *    *    *

約束した日のAM05:45に会場のホテルの前で待ち合わせをして、
一緒に中に入ると、そこは別世界のような雰囲気でした。
今でこそ、出張や講師の仕事などで様々なホテルに泊まりますが、
私は今まで金銭的に生活が安定していたことがなく、
外泊なんて夢のまた夢、当然、ホテルの宴会場になんて、
足を踏み入れたこともありませんでした。

その頃すでに40代後半でしたので、すでに友人の結婚式なども途絶え、
その時期は親戚の冠婚葬祭なども全然なかったので、
モーニングセミナーで訪れたホテルは、
それまで貧乏暮らしをしてきた私にとって、まさに夢の空間でした。

朝の優しく静かな館内でエレベーターが上階に止まるチーンというひそやかな音。
ふかふかの絨毯、話し声、スーツ姿の男性達、礼儀正しい受付、
そして、クロスが掛けられた長テーブルと重い椅子が整然と並んだ宴会場。

私はまるで自分が上流階級の一員になったようで、
とても幸せな気持ちになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

Google Adsense

<スポンサーリンク>

-倫理法人会

Copyright© おトメの祈り , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.